夢見るライフ☆チャンネル

夢見るライフがナナメヨコからの視点で日常に隠れた一品を発掘

ワキガを治す効果的な方法は手術をすること

   

ワキガの症状は、自身にとっても苦痛に感じる上に、周囲に隠したいと思えるものです。ワキガであるという事実を、認識していなという人もいるようです。ワキガがあることに気づかず、何のケアもしていないことから、周囲の人から避けられている人もいます。ワキガであるという事実に気づいた時には、適切な対応が必要ですが、症状によって対応策は色々です。汗取りパットを使ったり、専用のスプレーやクリームを使うことで、ワキガの臭いを減らしている方もいます。症状が軽い人なら、制汗スプレー等を活用することで臭いのカムフラージュができますが、それでは足りないこともあります。根本的にワキガの症状を治療したいと考えている人は、病院に行って適切な治療を受けるといいでしょう。医療機関で受けることができるワキガの治療法には、ワキガの原因になる部分を除去する手術があります。ワキガの臭いをつくっている汗を分泌している汗腺を、手術によって取り除くことで、臭いのない体質になることができまする高い治療効果が期待できることから、大勢の人がワキガの手術をしています。ワキガの手術が受けられる皮膚科の医院はたくさんありますが、具体的なやり方については、病院ごとに違います。あらかじめカウンセリングでわからない部分や、不安な点について説明を受けてから、ワキガの手術を受けてください。

ワキガで悩んでいる方は手術によって改善できる

ワキガというのは通常よりもアポクリン線の数が多い場合に起きやすい症状となっています。普通の汗と違って、アポクリン汗腺にはアンモニアや脂質、たんぱく質などが含まれています。これらの成分が分解される時に、菌が増殖して臭いを出します。ワキガの臭いは強烈で、周囲の人に不快な感覚を与えるものでもあるので、ワキガがコンプレックスになる人は多いようです。近年では、デオドラント製品の種類も多様化しており、自分に合うものを選ぶやすくなっているため、多くの人が使っています。ワキガの手術を施して、ワキガ体質を解消するという方法は、市販の制汗商品くらいでは症状が改善されないという人に適しています。エステの美容施術ほど費用がかからないのは、心強い点です。ワキガの手術には、保健を使うことができるのです。保険の適用となるには医師がワキガと診断して、保険適用が認められている方法での手術に限られます。まずは専門医にワキガの症状を確認してもらって、治療には手術が必要なのか、他の手段を用いるかを確認します。ワキガの手術をする場合は、アポクリン汗腺の除去手術をすることになります。皮膚にメスを入れて、アポクリン汗腺を取り除く手術になりますので、手術跡が残る可能性があります。しかし、シワに紛れて目立たないように行うので問題ありません。病院の技術力に問題があると、一度はワキガの手術を受けてアポクリン汗腺を取り除いても、残っていたところから汗が変わらず出て、体質が解消されないことがあります。前評判や、一足先にワキガ治療を終えた人の体験談などを参考にして、カウンセリング時に聞いて見るといいでしょう。

ワキガの症状によって異なる手術の方法

どんな手術でワキガの治療をすべきかは、その人に症状によって違います。最近は、ワキガの症状を軽減するためのスプレーや、クリームが使われていますが、そういったものでは、ワキガの症状を完全に抑えることは不可能です。症状そのものを根絶させるためには、病院でワキガの治療あるいは手術を受ける必要があります。ワキガの症状がどの程度かで、治療のやり方は変わります。軽度なワキガなら手術をするまでもなく、内服薬や、外用薬で対応することが可能です。飲み薬や塗り薬では解決が見込めないという場合には、ボトックス注射や、針を刺して電気を通すことによって治療する方法があります。さらに症状が悪い場合には、手術による方法が選択されることになり、ワキガの手術においては、まずメスを使ってワキを切開するか、しないかという決断を下すこととなります。体にダメージがかからないように、かつ、ワキガの臭いが全くしないようにするには、剪除法などの手術方法が適しています。手術のやり方によっては、手術痕がずっと残ることになったり、施術後に皮膚が塞がらなくなったりという注意点が存在します。メスを入れない場合では、ワキの下に穴を開けて管を通すことで治療を行う皮下組織吸引法という手術が主流です。皮下脂肪吸引手術は、施術後の痕跡がごくわずかなものにはできますが、アポクリン酸というワキガの原因物質が残ることがあります。さらに超音波を発生させて効果を高める超音波吸引法や、剃刀のついた専用器具を使用する皮下組織削除法という手術も選択肢としてはあります。どのワキガの手術方法が自分の症状に適しているのかは、事前に医師との打ち合わせによって決めることができるようになっています。

 - 美容